不動産のおとり広告はコワイ!ひっかからないようにするには?

試しに机上査定してみたら予想外の査定額!
今すぐ、売却価格がわかる・・・

住まいるナビの綾佑です。

広告の中には、違法であったり、事実と異なる広告があるんですね。

今回は、怪しい広告にあなたがひっかからないようにいろんな広告のお話をしていきたいと思います。

おとり広告

格安、激安、掘り出し物件

などとうたわれた極端に好条件の物件は、実は架空の物件だったり、既に契約済みの物件だったりするんですね。

それを見て、店舗にいくと他の物件を紹介されたりするんですよね。

また、インターネットで長時間掲載されている物件も注意が必要ですね。

おそらく問いただすと、インターネットはタイムラグがあるので修正に時間がかかっているというんですが、紙の広告よりインターネットのほうが簡単で修正は早いですよ。

地域名をやたら目立たさせた広告

閑静な高級住宅街をイメージさせる地域名が大きく載せられていたんですが、実際に行ってみると、交通の便の悪いへんんぴな場所だったりするんです。

電柱や街路樹に貼りつけられた広告

電柱や街路樹に不動産広告を貼りつけるのは、屋外広告物法、または道路法違反になるんですね。

このような広告には、適切な情報が盛り込まれていないことが多いので、おとり広告の可能性も大なんですよ。

僕が、16年前新入社員の時、会社からもきつく言われましたね。

あの広告は違反だから、やってはいけないよ・・・・と。

また、必ず表示する内容と使ってはいけない表現など、不動産の表示にはルールがあるのでご紹介しときますね。

必ず表示する内容とは

物件や取引に関わる内容では、以下に挙げる項目の表示が義務付けられているんです。

◆取引態様

◆物件の所在地

◆交通の利便性

◆各施設までの所要時間または距離

◆規模

◆面積

◆物件の形質

◆写真・絵図

◆設備・施設等

◆生活関連施設

◆価格

◆住宅ローン等

◆その他の取引条件

使ってはいけない表現

実際よりもよいと誤解を与える表現や他の物件や業者と比較するような表現は、客観的事実にもとづく根拠がない限り、使用することはできないんですね。

◆絶対、完璧、完全

◆最高、最高級、日本一、超、抜群

◆特選、厳選、当社だけの

◆格安、激安、掘り出し物件

◆相場の10%引き(二重価格表示になっちゃいます)

まとめ

以前、賃貸のお店だったと思うんですが、

激走5分

とお店の表の看板にかいてありました。

僕の家のすぐ近くだったので驚きました。

僕の家は、その駅から15分かかるので。

業者側も良く見せたいためにおとり広告寸前まで行っているんですが、買うほうもジャッジできるぐらい目を養っておきたいですね。

だって、最近大手でさえも、ぎりぎりの広告やってますから。

この無料サービスを知らなかったら530万円損をするところでした【体験談】

※この体験談は60秒で読み終わります。

8年前、私は中古マンションを買いました。

2LDK62㎡の間取りで、妻と長女との3人暮らし、4年後次女が生まれたこともあって3LDKに住み替えを考えていました。

昨年の秋、妻の実家近くのマンションに3LDKが出たので、その部屋を購入しようと思いました。

しかし、残債があり、自宅を売却して残債を返さないと次のマンションのローンを組めない状態でした。

早く売却しないと購入しようとしているマンショいンが誰かに買われてしまう・・・
でも、残債があるから安くは売れない・・・

そんな感じだったので半ば諦めていました。

そんな時、何かいい方法がないかな?とネットで必死に調べていたところ、マンション売却の一括査定サイトを見つけたのです。

そのサイトは、自宅マンションの所在地などを入力するだけで、最大6社の不動産会社から売却価格を教えてくれるというものでした。

だめもとでネット申込みをし、6社の不動産会社から机上査定が届きました、。

その内3社に訪問査定をお願いして、一番査定額の高かった1社に絞り売却活動を始めました。(購入予定のマンションが売れてしまったら売却活動は中止するという条件で)

その結果、販売活動を始めてから1カ月で売却することができました。

しかも、購入したときの価格より530万円も高く売却できたのです。

ちなみに私の使った無料一括査定サイトはこちら

自宅マンションを高額で売却できた理由


5年前、地元の不動産屋さんに査定をお願いしたときは、購入した価格と同じくらいの価格で売却できるとの査定でした。

もし、今回地元の不動産屋さんに頼んだら同じ結果だったのでしょうか?

私は実際に売却した経験から、高額で尚且つ早く売却できた理由が大きく2つあることに気づきました。

 

🙂 昨今の地価が上昇している

😳 マンション売却のプロに出会えた

ご存じのとおりオリンピック開催決定後、マンション価格は上昇しています。

特に中古マンションの人気が高まっていて、去年2016年には新築マンションの契約件数を中古マンションの契約数が上回りました。(中古マンション3万7198件>新築マンション3万5772戸/契約戸数)

※公益財団法人東日本不動産流通機構(東日本レインズ)より

これは、中古マンションの需要が高いことが分かり価格上昇へとつながっています。

2019年の現在も、この現象は続いています。

しかし、私は今回の成功の要因は『マンション売却のプロに出会えた』ということだと確信しています。

マンション一括査定に参加している不動産会社は1つの物件で最大6社が競合します。

その中から自分の会社を選んでもらうためには、不動産知識はさることながら売却する人、ひとりひとりの違った状況に対応できる能力が必要です。

今回私がお願いした不動産会社の担当は、色んな提案をしていただき、本当に「高く・早く」売却できました。

時には、不安になる私を励ましアドバイスをしてくれたり・・・

おそらく、そのまま地元の不動産会社にお願いしていたのでは、大損をしていたでしょう。

私のように急にマンションを購入しようというケースは稀にあるかもしれません。

その時でもいいでしょうけど、前もって準備することも必要だと思います。

準備することによって、私より高額で売却できるかもしれせんしね。

査定は無料なので、今の自分の不動産資産がどれくらいか?

マンション一括査定を使ってみてはいかがでしょうか。

家族のために。

私が使ったマンション一括無料査定サイト

 


カメラを止めるな!など話題の映画や見逃したドラマを無料で視聴する方法はコチラ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ